インドの無防備な野良犬に注意

タイやカンボジアなど東南アジアでも道端をウロウロする野良犬が多いと感じますが、インドには大変警戒心の薄い野良犬が多いです。

インドといえば、牛が路上を平然と歩く光景が思い浮かびます。歩道だけでなく、インド人の荒い運転で走る車と車の間にも車道をのそのそと歩いています。そんな牛だけでなく、とにかく野良犬も多いです。

屋台やお店の前に陣取る犬、車の下で気持ちよさそうに眠る犬、駅構内にまで入り込む犬、どこででも気持ちよさそうにスヤスヤと眠るその姿には、邪魔だなぁという気持ちよりも、癒されるとともに羨ましくも思ってしまいます。

基本的には薄い茶色い色の雑種の犬が多いです。

ある日、なんともない普通の階段を下っていると、ある一段に子犬が眠っていて、危うく踏んづけてしまいそうになりました。
もし、インドに行く機会のある方は、是非、薄い茶色の階段を下りる際は、犬がいないかしっかりと確認することをおすすめします。

また、とても無防備で可愛らしいインドの野良犬ですが、狂犬病などの問題もあるので、触るのは控えた方がいいです。