ヨガの聖地「リシケシュ」が素敵

早朝、デリーから列車に乗り、まずはハリドワールに向かいました。シャタブディーエキスプレスで5時間ほどで到着し、そこからバスでリシケシュへ。

リシケシュとは、デリーから北へ280キロに位置します。多くの旅行者が訪れるバラナシで見られるあの“ガンジス河”の上流にあたる町です。ヒンドゥー教にとって重要な、聖なるガンガーのある町であるとともに、ビートルズが修行したことでも知られる“ヨガの聖地”でもあります。

リシケシュのバス降り場からはオートリキシャに乗り移動しました。やがて見えてきた河は、あの有名なガンジス河。しかし、以前見たバラナシで見た姿とは全く別物です。それもそのはず、ガンジス川の上流のため水は透き通りエメラルドグリーン、もちろん死体も浮いていません。
河の周りには、ヨガの道場や世界中から訪れた旅行者に向けたお洒落なカフェ(多くがWi-Fi使用可)や土産屋が立ち並んでいます。町を歩く人々は皆ラフな格好でヒッピーやいかにもヨギーといった感じが多いです。サドゥーと言われる、仙人のような異様な雰囲気をもつ人も普通に歩いています。

朝はヨガを教えてもらい、自然豊かな町を散歩し、穏やかな人々と挨拶を交わし、美しいガンジス河を眺めながらカフェでゆったりするという毎日は、日本では絶対に味わうことのできない豊かな日々でした。